アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
事故や病気で歯を失うこともある

歯医者の男性

このような時の治療方法としてインプラント、義歯(入れ歯)、差し歯、ブリッジなどがあります。
それぞれの治療方法について説明します。

まずこの治療方法の中で近年人気のある治療方法であるインプラントは、歯茎を切開して顎の骨を削り歯の土台となる人工歯根を埋め込むます。
人工歯根が定着した3ヶ月~6ヶ月後にアバットメントと呼ばれる人工歯根と人工歯を連結させる装着手術を行い1週間~6週間後に人工歯をかぶせて治療は終了になります。
治療期間は3ヶ月~6ヶ月ほどかかり、保険の適応がされませんので全て自費になります。
(条件によっては保険適応される場合があります)これが一般的な治療方法で、時間がないという人のために1度で治療が完了する方法もあります。

次に義歯(入れ歯)の治療方法です。


義歯(入れ歯)の治療法には、すべての歯を失った場合の総入れ歯と部分的に歯を失った場合の部分入れ歯治療の2種類あります。
義歯(入れ歯)は歯型取り、レントゲン撮影や口の写真撮影などを行い、人工歯と粘膜の上に乗る歯茎に似た色の床(しょう)というものを作製します。
そして噛み合せの調整などを何度か行い治療は終了になります。
治療期間は部分入れ歯や総入れ歯、人工歯と床の作製時間によって変ってきますが、3日~10日で治療が終了することがほとんどになります。
そして義歯(入れ歯)の治療は基本的に保険の適応がされますが、見た目を自然に仕上げられるセラミックなどの治療方法を選択する場合は、保険が適応されませんので自費になります。

最後にブリッジによる治療方法です。


ブリッジは人工歯を両隣の歯にかぶせる冠と一体で作製したもので、両隣の歯を土台にして人工歯を支えるという方法になります。
見た目的にも違和感が少なく天然の歯と変わらずに自然に見えます。
治療期間は1週間程度で終了する場合がほとんどで、治療は保険適用されませんので自費治療になります。
3種類の治療について簡単に説明してきましたが、それぞれメリット・デメリットがあり費用も治療期間も違ってきますので、自分にあった治療法を選択することが失敗しない治療につながります。
これらの治療を行う場合は、一般歯科、矯正歯科、美容歯科のいずれでも行うことが出来ます。
見た目の美しさを求めるのであれば矯正歯科や美容歯科での治療がオススメです。

オススメリンク

ハーフリンガルの矯正歯科を大阪で探すならこちらの歯科医院がお勧めです。ハーフリンガルの施術を受ける方はこちらのサイトを御覧ください。

治療の流れ

失ってしまった歯の治療として最近トレンドなのがインプラント治…Read more

医師に相談して決める

抜けた歯の治療となるとインプラント以外にも差し歯があります。…Read more

関連リンク

    治療の流れ

    失ってしまった歯の治療として最近トレンドなのがインプラント治療です。この治療方法の流れですが矯正歯科にて、最初...

    Readmore

    口腔内を清潔に保つ

    体の各部位について、病気があったり、病気ではなくても、局部的に気になる箇所をもっている人は多く存在しています。...

    Readmore

    医師に相談して決める

    抜けた歯の治療となるとインプラント以外にも差し歯があります。人工の歯を埋め込む治療なので、同じ治療ではあるので...

    Readmore